20120920093114447s
チャーハン=中国語の炒飯(チャオファン?)ですよね、多分。

英語圏では fried rice (フライドライス)
タイ語では カーオパット
インドネシア語では ナシゴレン

そして日本語では 焼き飯 でしょうか。

オジサン達がそう呼んでいたような、
懐かしい響きのある名前です。

今日は米粉カレーを使って、カレー味の焼き飯にトライ。

米粉カレーはフレーク状のカレールゥなので
カレー粉(カレーパウダー)を使うより、
濃厚な味が出せますヨ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【材料】2人分

玉ねぎ   1/3個
人参    1/4本
椎茸    2枚
ピーマン  1個
豚肉    80g(本日は茹で豚を使用)
ごはん   350g
米粉カレー 大さじ3
しょうゆ  小さじ1
サラダ油  大さじ1

つけ合わせのらっきょう 適宜

【作り方】

1.野菜はみじん切り、豚肉は1cm角に切ります。

2.フライパンにサラダ油を熱し、①の具材を炒めます。
  豚肉にしっかり火を通します。

3.ご飯を加えてざっと混ぜたら、フライパンの底に広げて
  米粉カレーをまんべんなく振りかけます。

4.ごはんをつぶさないよう、よく混ぜながら炒めます。
  全体に馴染んだらしょうゆを回し入れ、
  軽く混ぜてできあがり

  お皿に盛って、お好みでらっきょうを添えて召し上がれ~

* 今日は中辛を使ったのでちょっとピリッとします。
  お子様には米粉カレー甘口を使うとよいかもしれませんね

* 玉ねぎ⇒長ねぎ、豚肉⇒焼き豚
  具材にゆでたけのこをプラス、などなど
  アレンジしてみて~

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

井上スパイスのカレールゥはすべてフレーク状です。
カレーを煮込む時に溶けやすいだけでなく、
こうやって他のお料理にも使いやすいんですね~

米粉カレーは小麦粉の代わりに米粉を使用していることが
一番のポイントですが、他にも・・・

動物性原料不使用
 旨みを補うため、昆布や椎茸を加えました

 (※ 甘口には国産はちみつを使用しています)

できるだけ、国産原料
 米粉(埼玉産)、馬鈴薯澱粉、じゃがいも、
 玉ねぎ、人参、にんにく、生姜、粗糖、
 赤米粉、昆布、椎茸 が国産です。
 これだけ揃えるのは、結構大変でした・・・!

米粉カレーを調理する際のポイントやお買い物は
コチラからどうぞ

ところで、昨日は熊谷で最高気温が30℃を下回り、
57日間続いた真夏日が途絶えたそうです。

今日は再び真夏日となる予想で、
いのすぱのある上尾も晴れて暑くなってきました。

でも、そろそろ真夏は終わり・・・みたい?
本気にして・・・いい?
・・・かな?

秋が余計に美味しく楽しく感じられそうですね

マサーラM

井上スパイスのメールマガジン

下記のフォームより井上スパイスのメルマガ登録が可能です!
新商品の情報やキャンペーン情報・秘伝カレーレシピなどお得な情報をお届けいたします。
メルマガ登録フォーム
*
*
メール*