20130509094050ca0s
インド料理の、『ビリヤニ』ってご存知ですか?

レストランでは、炒めご飯的な省略バージョン
が提供されることもあるみたいですが、
本来はカレーと米を別々に調理してから
ふたつを合わせて炊き直す料理です。

とても手間と時間がかかり、レストランでは
本式を提供するのが難しいから(なのか?)
炒めご飯になっちゃったりするのでしょうね。

それって邪道だよねーと思いつつ、
マサーラは最近まで、このビリヤニを日本語では
「インド風の炊き込みご飯」
と認識してました。

自分で作る時は、その認識通り、
といだお米に調理したカレーを加えて炊飯してました。

こんな感じ ↓
20130510135145295s
2013051013514451bs
で、当たり前ですが、出来上がるのは
カレー味の炊き込みご飯。
ちょっと豪華に肉の塊が入っていたりもしますが
なんか違う。

先日、人にビリヤニについて説明している時、

「本来はカレーと米を別々に調理してから
ふたつを合わせて炊き直す料理・・・

「炊き直す」を「しっかりした蒸らし」と捉えると

・・・、これは『炊き込み』じゃなくて
『混ぜ』ごはんじゃないですか!」
(なんで今まで気づかなかったんでしょう。)

今日は鶏モモ肉を使った、チキンビリヤニ(混ぜご飯式)
をご紹介します

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【材料】4人分

鶏モモ肉    400g
塩       小さじ1と1/3
インディカ米  3合
玉ねぎ     1個
にんにく    1片
生姜      1片
ミートマサラ  1/2袋
ガラムマサラ  1/2袋
レッドペッパー 1/5袋~
ギー(なければバター) 大さじ4

【作り方】

1.インディカ米はといで普通に水加減し、塩半量を加えます。
(日本のお米の場合、水はやや少なめに)

2.玉ねぎは薄切り、にんにく・しょうがはすりおろし、
鶏肉はひと口大に切り、残りの塩を混ぜておきます。

3.鍋にギーを熱し、玉ねぎをキツネ色になるまで炒めます。

4.鶏肉を加え、よーく炒めます。
色が変わったあと水分が出てきたら、それがほとんど
なくなるくらいまで根気よくよく炒めます。

5.このへんで炊飯をスタートします。

6.にんにく・生姜を加えさらに炒めます。

7.弱火にしてミートマサラ・レッドペッパーを加え混ぜ、
水1カップを加えて煮込みます。

8.水分がごく少なくなったらガラムマサラを加え、
炊きあがったご飯にざっと混ぜてふたをし、
少しおこげが出来るくらい再加熱したら出来上がり
(再加熱の時間は炊飯器に合わせて調整してください)

* できれば、ご飯が蒸らしに入る直前に
カレーを加えてくださいね。

* 先日、ダルカレーを作った残りのスパイスを使いました。

* ミートマサラ・ガラムマサラ・レッドペパーなどが
セットになった、手づくりインド風カレー用スパイス
カレーブック のお買い物は コチラ から。

* 手順の画像がなくて、すみません
作るのに一生懸命でした

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「混ぜご飯式」の方が、断然!「本式」に近いです

ライタ=ヨーグルトサラダを添えて食べると
味わいに変化が出て、さらに美味しい~

ライタの作り方も近々ご紹介しますね

マサーラM

井上スパイスのメールマガジン

下記のフォームより井上スパイスのメルマガ登録が可能です!
新商品の情報やキャンペーン情報・秘伝カレーレシピなどお得な情報をお届けいたします。
メルマガ登録フォーム
*
*
メール*